☆夢の続き

youtube.onorieko.620.jpg
光の差し込まない部屋の
カーテンは色褪せもせずに
選んだ時の鮮やかさを
見せ付ける隣の窓に

恋焦がれ待ち望んだものに
成り代わる変化自在の宝石
翳りを見せたその若さに
痛いほどfitして見えた

夢の続きに終わりがあるように
いつかは消えるとしても

僕らを星に例えるなら
小さくてまだ届かない
柔らかな光で君を
包んであげる事も出来ない

人の持つ運命の静けさは
風に舞う落ち葉のようなものだろう
一つ一つが旋律を奏で
一条の道標すかのように

雪解け間近の北の大地のよに
一つの河を目指して

僕らが生まれ変われるなら
また地球に生まれたい
もし愛し愛されるなら
あなたに選ばれたい
人に与えられた才能に
愛と言う字があるのなら
一生掛けて探したい
今なら間に合う

光の差し込まない部屋の
カーテンを取り払い箱に詰め
見慣れた部屋を今夜出てく
終わらない夢を探しに

終わらない夢を探しに




この記事へのコメント

曲目