闇の花

youtube.onorieko.620.jpg
人は人であるが故に
また自由を阻まれる
生まれた時の震える指で
探し求めた母の匂い

拙い頃から憧れた
正義の味方になるのだと
変身出来たらいいのにね
君の為に

度重なるお別れの日
僕が友に出来た事は
花を摘んで捧げる事
春また会おうね

あれから早時は過ぎて
僕の背は母を越した
小さな手で震えていた
写真の中の僕はいない

遥かな空から聴こえる
銃声幼な子の叫び声
助けに行くにはあまりにも
此処は遠い

夢の国へ羽ばたく君
地上で喘ぐ僕を照らして
何か出来る事探す旅
僕は続けるから

時計の針は進んで行く
僕の命も削られる
あと僅か背伸びして望んだら
それは叶う

君がどうして人を花に
例えたのか今更気付く
赤い花も白い花も
等しく咲けるから

大きな花は笑うように
小さな花は囁くように
闇の花は闇の中で
秘めやかに燃え咲くのだから

君は君らしく咲けよと


この記事へのコメント

曲目