☆消印 / ユニット『カフェイン』

youtube.onorieko.620.jpg
宵口に見た夢は
白い蝶になる その前の消印
忘れてた面影と
インクの染みが話し掛けてた

目覚めた街はもう
いつも通りで
ときめきも 戸惑いも
お構いなしで

一瞬の隙があれば
逃げられる この鎖を解いて
ねえ時が無限ならば
生きてる事に意味も無いけど

あなたが好きだった
場所に佇み
空隠すビル見上げ
想いを馳せる

あの日あの時 出会った事は
二人の記憶の中に生きていて
ざわめいていた木々の香りも
まるで昨日の事だと
思えるのです

壊れた音がする
古いオルゴール
時を超え羽ばたいて
あなたの耳元へ

一緒に歌ったあのラブソング
今では擦れて読めない歌詞カード
探し続けてた絵葉書には
遠い街の消印

満ち足りた夢はいつも儚くて
手にした其処から指を擦り抜ける
あなたが残した小さな花
今は私が一人で
咲かせてみると
囁く



曲目