張子の牛

たくさんのたくさんの 命が生まれて たくさんのたくさんの 命の灯りが消えた ただ生きてと 掴んだ母の乳房に 小さな手の平の 花一つ残して君は散った この街の明るさを 驚いて見てる 君の目は少しだけ 淋しく時に瞬く ここへおいでよ 一緒にかくれんぼしよ 笑う君の顔 もう一度お母さんて呼んでみせて 夕暮れが近付いて 家路を急く人 その下に眠ってる 冷たい瓦礫…

続きを読む

Relief

飽け知らず雨降り 水音だけが 身体中這いずり 心を凍餓する 若かったあの頃に 嗚呼 戻りたくはないが このままで生殺された 道化役を演じる位ならば もう連れ立って泣いてないで このまま地の果てまで 目に付くままに押し込んだ 荷物は荷台に置いたままで 身軽になったその身体で 抱いてくれるだけでいいんだよ どうせこの世は紛い物だらけの 絵空芝居なら 「次の…

続きを読む

Messiah

僕の暖かい涙が君の手に 零れ落ちるから今は会えない 僕の感情は君の神経を 時折逆撫でて壊した この世に生きていて最初の絶望は 人をも信じられず希望を見失う事 ここから救ってくれるなら 手段など選べない僕だから 支えているつもりの止まり木が 虫食いだらけで今にも堕ちそうだったら 嘘の笑みを浮かべて繕って 偽善の汚名を被るだろう 辛苦を充分舐め合って …

続きを読む

曲目